Z世代の語源・由来

Z世代は「Generation Z(ジェネレーションZ)」の訳語で、「ジェネレーションY(Y世代)」に続く世代であることから「Z」が付く。
「ジェネレーションY」は「ジェネレーションX(X世代)」に続く世代であることからの名で、アルファベット(ローマ字)で世代を表すようになったのは「ジェネレーションX」からである。

「X」が世代を表す最初のアルアファベットとなったのは、カナダの小説家 ダグラス・クープランドの処女作『ジェネレーションX -加速された文化のための物語たち』(1991年)に由来する。
この作品が世界的なベストセラーとなったことで、1965年から1979年頃に生まれた世代を表す言葉として、「ジェネレーションX」の新語も流行語となり定着した。
その流れで、次の1980年から1990年代半ばに生まれた世代は「ジェネレーションY」、その次は「ジェネレーションZ」と名付けられたのである。

ローマ字で表現できるのは「Z」までになるため、Z世代に続く世代はギリシャ文字の最初に当たる「α」を採用し、「ジェネレーションα(アルファ世代)」と呼ばれる。

出典:語源由来辞典

TOP