色をなすの語源・由来

色をなすの「色」は、人の顔色や表情のこと。
「なす(作す)」は、作り上げることや、他の状態に変えることの意味で、血の気が上がった状態を表す。
顔の色が変わるという点では、驚きや恐れで顔色が青くなることも同じだが、この場合は血の気が引いた状態なので「色を失う」という。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 植毛の意味・類語・言い換え

  2. ずるいの語源・由来

  3. 濡れ手で粟の語源・由来

  4. 「鷹」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  5. 「署名」「記名」「サイン」の違い

  6. あっけらかんの語源・由来

  7. キリンの意味・別名・類語

  8. のべつ幕なしの意味・類語・言い換え

  9. 一宮市の語源・由来

  10. 玉露の栄養基礎知識

  1. 横柄の語源・由来

  2. ギャングの語源・由来

  3. 手探りの意味・類語・言い換え

  4. ナデシコの語源・由来

  5. 「手段」と「方法」の違い

  6. 向こう脛の意味・別名・類語

  7. お屠蘇の意味・類語・言い換え

  8. ホオジロの語源・由来

  9. 色男の意味・類語・言い換え

  10. つらつらの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. ホースラディッシュの栄養基礎知識

  2. たんすの語源・由来

  3. バズるの語源・由来

  4. ブルーチーズの栄養基礎知識

  5. 芝居の語源・由来

  6. ちんちくりんの語源・由来

  7. ガーゼの語源・由来

TOP