匙を投げるの語源・由来

匙を投げるの「匙」は、薬を調合する匙のことである。
患者の治療方法が見つからず、医者(漢方医)が匙を投げ出すことから、これ以上の治療はないと見切りをつけることを「匙を投げる」と言った。
江戸後期の川柳集『誹風柳多留』には、「田舎医者 さじを投げては 馬で逃げ」の例が見られる。
そこから、医者が治療を諦める以外でも、物事を断念することを「匙を投げる」と言うようになった。

出典:語源由来辞典

TOP