つらつらの語源・由来

つらつらの語源は「連々」で、途絶えず続く意味から転じ、じっと見つめたり、深く考えるさまを表すようになったと考えられている。
『万葉集』の「巨勢山のつらつら椿つらつらに見つつ偲はな巨勢の春野を」が、じっと見つめるさまの意味と、「連々」の意味の二通りの解釈があるのも、そのためと思われる。
江戸時代には、「ぐっすり」と同様の意味で「つらつら」が使われている。

つらつらの漢字は、「熱(熟々)」や「倩」と書く。
「熱」は「熟考」や「熟視」など、「十分に」「よくよく」といった意味からの当て字。
「倩」の表記は『平家物語』などの影響を受けた文学作品に見られるが、「美しい」や「婿」を意味する漢字で、じっくり考えたり見たりするさまの意味には繋がらず、なぜ「つらつら」の当て字となったかは不明である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「耐震」「免震」「制震」「制振」の違い

  2. 根回しの語源・由来

  3. 姫路市の意味・シンボル

  4. 「目的」と「目標」の違い

  5. 新宿区の語源・由来

  6. 豚の饅頭の語源・由来

  7. 「網」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  8. 甲府市の意味・シンボル

  9. 野菜の意味・別名・類語

  10. へなちょこの語源・由来

  1. コリアンダーの意味・別名・類語

  2. テストの語源・由来

  3. 破天荒の意味・類語・言い換え

  4. あみだくじの語源・由来

  5. 扁桃腺の種類

  6. 「おざなり」と「なおざり」の違い

  7. ハチノスの語源・由来

  8. バーゲンの語源・由来

  9. 烏龍茶の栄養基礎知識

  10. 絶倫の語源・由来

人気記事

  1. 梨園の語源・由来

  2. 「液晶テレビ」と「プラズマテレビ」の違い

  3. 「適量」と「適宜」の違い

  4. 「かいわれ大根」と「大根」の違い

  5. あばたの語源・由来

  6. 阿波市の語源・由来

  7. たたみいわしの語源・由来

TOP