ひじきの語源・由来

平安時代初期には「鹿尾菜」の訓に「比須岐毛 (ひずきも) 」、平安中期には「比支岐毛 (ひじきも)」の読みが当てられている。
干しひじきは、乾燥した杉の枝のようになることから、「ひすぎも(干杉藻)」が「ひずきも」「ひじきも」となり、略されて「ひじき」になったと考えられている。

漢字の「鹿尾菜」は、ひじきの形が鹿の尾の毛に似ていることからといわれ、「ろくびさい」とも読む。
「羊栖菜」は漢名からで、中国語では「ヤンシーサイ」と発音される。
「栖」は「巣」と同じく「すみか」を表すため、「羊の群れのような菜」の意味や、羊は富の象徴であったことから、「羊が宿る菜」の意味とする説もあるが、その由来については分かっていない。
中国では「羊栖菜」のほか、ひじきを「鹿角尖」「海菜芽」「羊奶子」「海大麦」などとも呼ぶ。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. T字路の意味・類語・言い換え

  2. 「シロサイ」と「クロサイ」の違い

  3. 真っ向の意味・類語・言い換え

  4. 二束三文の意味・類語・言い換え

  5. つくばいの語源・由来

  6. 愛知県の語源・由来

  7. 三度笠の語源・由来

  8. 当たり前の語源・由来

  9. パグの語源・由来

  10. 百万長者の意味・類語・言い換え

  1. 「ネックレス」「ペンダント」「チョーカー」の違い

  2. 「ゴルフクラブ」と「カントリークラブ」の違い

  3. うんちくの語源・由来

  4. でこぼこの語源・由来

  5. 気の毒の語源・由来

  6. つっけんどんの語源・由来

  7. 痛み入りますの意味・類語・言い換え

  8. めはり寿司の語源・由来

  9. 文句の意味・類語・言い換え

  10. セダンの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. オリーブの栄養基礎知識

  2. 是非ともの語源・由来

  3. 「進歩」「進捗」「進度」の違い

  4. 伯仲の語源・由来

  5. フトモモの語源・由来

  6. 栗の栄養基礎知識

  7. 天下りの語源・由来

TOP