小賢しいの語源・由来

小賢しいは、「才知・分別があってしっかりしている」「かしこい」という意味の「賢しい(さかしい)」に、接頭語「小(こ)」が付いた語。
「ちょっぴり」を意味する「小」を付けることで、智が足らないことを表し、けなす意味を含んでいる。
賢しいの文語「さかし」は『万葉集』にも見られ、小賢しいの文語「こざかし」は1113年頃成立の『俊頼髄脳』に見えるのが古い。
利口ぶって生意気であることの使用が古く、悪賢い意味では1477年の『史記抄』からである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 踊り場の語源・由来

  2. 裏目の意味・類語・言い換え

  3. 類似語の意味・類語・言い換え

  4. 血で血を洗うの語源・由来

  5. 埼玉県の意味・シンボル

  6. 福岡市の意味・シンボル

  7. 調布市の意味・シンボル

  8. 利子と利息と金利の違い

  9. 長崎県の語源・由来

  10. きびすの語源・由来

  1. イチボの語源・由来

  2. あかつきの意味・類語・言い換え

  3. ドヤ顔の語源・由来

  4. 草履の語源・由来

  5. トリと大トリの違い

  6. ラクトアイスの語源・由来

  7. 風呂敷の語源・由来

  8. 作成の意味・類語・言い換え

  9. 相模原市の語源・由来

  10. ポンコツの語源・由来

人気記事

  1. デニムとジーンズとジーパンの違い

  2. セミナーとゼミナールの違い

  3. 母体と母胎の違い

  4. 赤べこはなぜ赤いのか

  5. 畳の江戸間と京間と中京間と団地間の違い

  6. から揚げと竜田揚げの違い

  7. 会社員と社員と従業員と職員の違い・使い分け

TOP