小賢しいの語源・由来

小賢しいは、「才知・分別があってしっかりしている」「かしこい」という意味の「賢しい(さかしい)」に、接頭語「小(こ)」が付いた語。
「ちょっぴり」を意味する「小」を付けることで、智が足らないことを表し、けなす意味を含んでいる。
賢しいの文語「さかし」は『万葉集』にも見られ、小賢しいの文語「こざかし」は1113年頃成立の『俊頼髄脳』に見えるのが古い。
利口ぶって生意気であることの使用が古く、悪賢い意味では1477年の『史記抄』からである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 奈落の底の語源・由来

  2. 「市販薬」と「処方薬」の違い

  3. アニスの意味・別名・類語

  4. 緑黄色野菜一覧

  5. 蜃気楼の語源・由来

  6. 弘法にも筆の誤りの語源・由来

  7. 千葉県の語源・由来

  8. あぶく銭の語源・由来

  9. 柿の葉茶の栄養基礎知識

  10. 不甲斐ないの語源・由来

  1. ボインの語源・由来

  2. ほめるの意味・類語・言い換え

  3. 鶏の年間産卵数と卵を産む周期

  4. 彼岸花の意味・別名・類語

  5. 米寿の意味・類語・言い換え

  6. 天王山の意味・類語・言い換え

  7. 一味の意味・類語・言い換え

  8. 川寿の意味・類語・言い換え

  9. 修羅場の意味・類語・言い換え

  10. おっぱいの語源・由来

人気記事

  1. ありがとうの語源・由来

  2. 黒幕の語源・由来

  3. 落花生の語源・由来

  4. エリンギの栄養基礎知識

  5. 七夜月の語源・由来

  6. 静岡県の語源・由来

  7. 油脂(油・脂)の栄養基礎知識

TOP