次郎柿の語源・由来

次郎柿は、江戸末期の弘化年代(1844〜48年)に、農家の松本治郎という人物が太田川の洪水で流れ着いた柿の幼木見つけ、自宅に持ち帰って栽培したのが起源で、この品種名は松本治郎の名前に由来する。
当初は「治郎さの柿」「じんろうさの柿」「じん郎柿」などとも呼ばれていたが、戦後、現在の「次郎柿(治郎柿)」に定着した。
次郎柿の原木は、明治2年(1869年)に火災によって消失してしまったが、翌年には新しい芽を出し、数年後には実をつけるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. クレマチスの語源・由来

  2. 万事休すの語源・由来

  3. 正念場の語源・由来

  4. チョウザメの語源・由来

  5. 類義語辞典の意味・類語・言い換え

  6. 序の口の語源・由来

  7. しつこいの意味・類語・言い換え

  8. うたた寝の意味・類語・言い換え

  9. 育ちの意味・類語・言い換え

  10. キンセンカの語源・由来

  1. 鼻持ちならないの語源・由来

  2. 萩市の語源・由来

  3. エニシダの意味・別名・類語

  4. 元気の語源・由来

  5. 闘志の意味・類語・言い換え

  6. 下駄の語源・由来

  7. 立夏の意味・類語・言い換え

  8. デカフェとはカフェインゼロ?カフェインレスとの違いはある?

  9. 模造紙の意味・別名・類語

  10. 日の御旗の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 三面記事の語源・由来

  2. きびすの語源・由来

  3. タピオカの栄養基礎知識

  4. 人見知りの語源・由来

  5. 三重県の語源・由来

  6. 人間ドックの語源・由来

  7. タンクトップの語源・由来

TOP