次郎柿の語源・由来

次郎柿は、江戸末期の弘化年代(1844〜48年)に、農家の松本治郎という人物が太田川の洪水で流れ着いた柿の幼木見つけ、自宅に持ち帰って栽培したのが起源で、この品種名は松本治郎の名前に由来する。
当初は「治郎さの柿」「じんろうさの柿」「じん郎柿」などとも呼ばれていたが、戦後、現在の「次郎柿(治郎柿)」に定着した。
次郎柿の原木は、明治2年(1869年)に火災によって消失してしまったが、翌年には新しい芽を出し、数年後には実をつけるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 嵐の意味・類語・言い換え

  2. 青天白日の意味

  3. 他力本願の意味

  4. 革新の意味・類語・言い換え

  5. 作成の意味・類語・言い換え

  6. 感慨の意味・類語・言い換え

  7. 刺身の意味・類語・言い換え

  8. 昆布の栄養基礎知識

  9. タコの意味

  10. カヌーとカヤックの違い

  1. 大雑把の語源・由来

  2. ハピネスの意味・類語・言い換え

  3. ジャージとスウェットとトレーナーの違い

  4. トラウマの意味・類語・言い換え

  5. プロポーズの語源・由来

  6. 歳と才の違い

  7. 刹那の語源・由来

  8. 福島県の市町村名一覧

  9. きんぴらごぼうの語源・由来

  10. 桃の語源・由来

人気記事

  1. 「せわしい」と「せわしない」が同じ意味になる理由

  2. 方言と訛りの違い

  3. 登山とトレッキングとハイキングの違い

  4. 鷹(タカ)と鷲(ワシ)と鳶(トビ)の違い・見分け方

  5. おはぎとぼたもちとあんころもちの違い

  6. 焼くと炒めると炒るの違い

  7. WHISKYとWHISKEYの違い

TOP