ずらかるの語源・由来

ずらかるは、元々、盗人やテキ屋仲間が使っていた隠語で、語源は「ずらす」である。
江戸時代、ずらすは「他人の目をごまかす」「あざむく」の意味でも使われていた。これは、視線をずらすところからであろう。
そこから派生し、盗人などの間では「隠しておいた物を処分する」「逃げる」の意味でも「ずらす」が使われていた。
やがて、この「ずらす」に意味を強調する接尾語「かす」を付けた「ずらかす」の形が現れた。
ずらかるは「ずらかす」の自動詞形で、文献では明治時代から見られるようになる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 安全第一の続きと由来

  2. キンカンの意味・別名・類語

  3. 無鉄砲の語源・由来

  4. 「改定」と「改訂」の違い

  5. 「草」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  6. あばよの語源・由来

  7. サッカーの語源・由来

  8. アジ(マアジ)の栄養基礎知識

  9. 当季の意味・類語・言い換え

  10. 税金の語源・由来

  1. 出刃包丁の意味・別名・類語

  2. 愚人節の意味・類語・言い換え

  3. ふてぶてしいの意味・類語・言い換え

  4. さようならの語源・由来

  5. 雰囲気の意味・類語・言い換え

  6. うつらうつらの語源・由来

  7. せがれの語源・由来

  8. ハイジャックの語源・由来

  9. New Yearの意味・類語・言い換え

  10. カモの語源・由来

人気記事

  1. ピーナッツの語源・由来

  2. 杜撰の語源・由来

  3. 「木」と「草」の違い

  4. 立川市の語源・由来

  5. 大団円の語源・由来

  6. 漫才の語源・由来

  7. ユッケの語源・由来

TOP