辛抱の語源・由来

辛抱の語源には、「心のはたらき」を意味する仏教語「心法(しんぽう)」に由来する説がある。
江戸時代には、心法が「心を修練する」の意味で使われており、そこから「耐え忍ぶ」の意味に変化し、「辛い」と「抱える」の漢字を当てて「辛抱」の表記になった。
「しんぼう」と発音するようになったことで、「心棒」の表記もされたと考えられている。
辛抱は江戸の俗語なので、時代的に「心法」の説は有力だが、音と意味の近い言葉からもとめた説で、裏付けとなるものがあるわけではない。

出典:語源由来辞典


今見られている記事 ランダム
  1. 切ないの語源・由来

  2. 森と林と森林の違い・使い分け

  3. 塞翁が馬の語源・由来

  4. 判を押すの意味・類語・言い換え

  5. カフェラテの語源・由来

  6. 材木の意味・類語・言い換え

  7. 迎春の意味・類語・言い換え

  8. 尊邸の意味・類語・言い換え

  9. ボーナスの意味・類語・言い換え

  10. 伯父と叔父と小父の違い

  1. ジーンズの種類

  2. 葉の意味・類語・言い換え

  3. 交じると混じると雑じるの違い・使い分け

  4. 雑煮の意味・別名・類語

  5. 伯備の意味

  6. 噂の意味・類語・言い換え

  7. 朝令暮改と朝三暮四の違い

  8. タイフーンの意味・別名・類語

  9. 天真の意味・類語・言い換え

  10. テンの意味

人気記事

  1. ペンギンが空を飛べない理由

  2. ボージョレヌーボーの解禁日が11月の第3木曜日になった理由

  3. するめとあたりめとさきいかの違い

  4. コックとシェフと板前の違い

  5. 祝日と祭日と祝祭日の違い

  6. 越えると超えるの違い・使い分け

  7. 寿司と鮨と鮓の違い

TOP