辛抱の語源・由来

辛抱の語源には、「心のはたらき」を意味する仏教語「心法(しんぽう)」に由来する説がある。
江戸時代には、心法が「心を修練する」の意味で使われており、そこから「耐え忍ぶ」の意味に変化し、「辛い」と「抱える」の漢字を当てて「辛抱」の表記になった。
「しんぼう」と発音するようになったことで、「心棒」の表記もされたと考えられている。
辛抱は江戸の俗語なので、時代的に「心法」の説は有力だが、音と意味の近い言葉からもとめた説で、裏付けとなるものがあるわけではない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「ウール」と「カシミヤ(カシミア)」の違い

  2. 石に灸の意味・類語・言い換え

  3. ドヤ顔の語源・由来

  4. 調布市の語源・由来

  5. 埃の語源・由来

  6. しゃぶしゃぶの語源・由来

  7. ヒノキの語源・由来

  8. クレマチスの語源・由来

  9. こけら落としの語源・由来

  10. キャベツの語源・由来

  1. うつらうつらの語源・由来

  2. マグロの意味・別名・類語

  3. モノレールの意味・別名・類語

  4. 宮崎県の意味・シンボル

  5. 「離す」と「放す」の違い

  6. 「トナカイ」と「カリブー」の違い

  7. アルコールの意味・類語・言い換え

  8. ボストンバッグの意味・類語・言い換え

  9. タルタルソースの意味・類語・関連調味料

  10. 「送る」と「贈る」の違い

人気記事

  1. ひょっとこの語源・由来

  2. 横柄の語源・由来

  3. 自分の語源・由来

  4. ケレン味の語源・由来

  5. 葉の語源・由来

  6. 菜花の栄養基礎知識

  7. 四股の語源・由来

TOP