片棒を担ぐの語源・由来

片棒とは、駕籠(かご)や畚(もっこ)の前棒か後棒のことで、それを担ぐ人もいう。
古典落語の『片棒』も、棺の樽で担ぐものは異なるが「担ぎ棒」のことである。
駕籠は二人一組で棒を担ぐことから、仕事や企てなどに協力することや、仕事の半分または一部を受けることを「片棒を担ぐ」と言うようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 米寿の語源・由来

  2. ニートの語源・由来

  3. 菜種梅雨の語源・由来

  4. 五右衛門風呂の語源・由来

  5. やもめの意味・類語・言い換え

  6. 「ミュール」「サンダル」「パンプス」の違い

  7. 盆の語源・由来

  8. おべっかの語源・由来

  9. 凍死の意味・類語・言い換え

  10. クスノキの語源・由来

  1. 模索の意味・類語・言い換え

  2. ショートケーキの語源・由来

  3. 已己巳己の意味・類語・言い換え

  4. けんちん汁の語源・由来

  5. うざいの意味・類語・言い換え

  6. 竹刀の語源・由来

  7. 摂氏の語源・由来

  8. 相違の意味・類語・言い換え

  9. いくさの語源・由来

  10. 小田原評定の語源・由来

人気記事

  1. 百姓の語源・由来

  2. シビレの語源・由来

  3. 「分かる」「解る」「判る」の違い

  4. ビーバーの語源・由来

  5. 一肌脱ぐの語源・由来

  6. 「保証」「保障」「補償」の違い

  7. くるみの栄養基礎知識

TOP