片棒を担ぐの語源・由来

片棒とは、駕籠(かご)や畚(もっこ)の前棒か後棒のことで、それを担ぐ人もいう。
古典落語の『片棒』も、棺の樽で担ぐものは異なるが「担ぎ棒」のことである。
駕籠は二人一組で棒を担ぐことから、仕事や企てなどに協力することや、仕事の半分または一部を受けることを「片棒を担ぐ」と言うようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. おみおつけの意味・類語・言い換え

  2. コウイカの語源・由来

  3. 甚平の語源・由来

  4. アザラシの意味・別名・類語

  5. 「思う」と「考える」の違い

  6. いびつの語源・由来

  7. 地方の意味・類語・言い換え

  8. 竹馬の友の意味・類語・言い換え

  9. 天衣無縫の意味・類語・言い換え

  10. 棒棒鶏の語源・由来

  1. 自然の意味・類語・言い換え

  2. ピクトグラムの意味・類語・言い換え

  3. 全身の意味・類語・言い換え

  4. 酒の肴の意味・類語・言い換え

  5. 「夏日」「真夏日」「猛暑日」「酷暑日」「熱帯夜」の違い

  6. 月々の意味・類語・言い換え

  7. エンスーの語源・由来

  8. リゾットの語源・由来

  9. 多士済々の意味

  10. 酒の意味・別名・類語

人気記事

  1. 羊水の語源・由来

  2. 夜なべの語源・由来

  3. 棟梁の語源・由来

  4. フェルトペンの語源・由来

  5. 黒字の語源・由来

  6. アブラゼミの語源・由来

  7. 「夕焼け」と「夕暮れ」の違い

TOP