言語道断の語源・由来

言語道断は元仏教語で、仏法の奥深い真理は言葉で説明しきれないことを意味する。
『平家物語』に「時々刻々の法施祈念、言語道断の事どもなり」とあるように、古くは、言いようがないほど立派であるという意味でも使われていたが、現代では、言葉も出ないほどひどいことを「言語道断」と言うようになった。
「道断」の「道」は「言う」の意味で、「道断」のみでも「言うにたえないこと」「もってのほかのこと」の意味がある。

出典:語源由来辞典


今見られている記事 ランダム
  1. 一時雨と時々雨とのち雨と所により雨の違い・使い分け

  2. 池と沼と湖と泉と沢と潟の違い

  3. 赤身魚と白身魚と青魚の違い

  4. うな重の意味・別名・類語

  5. 世界初の輸血には羊の血が使われていた

  6. 梅雨と雨季の違い

  7. 彗星と流星の違い

  8. ぶどうの語源・由来

  9. 称賛の意味・類語・言い換え

  10. 飲み会の意味・類語・言い換え

  1. にべもないの語源・由来

  2. 李下に冠を正さずの意味・類語・言い換え

  3. 氾濫と決壊の違い

  4. 納豆の語源・由来

  5. ネックレスとペンダントとチョーカーの違い

  6. いわしの語源・由来

  7. 破天荒の意味・類語・言い換え

  8. 大雨と豪雨の違い

  9. 卵と玉子の違い・使い分け

  10. なるほどの語源・由来

人気記事

  1. スダチとカボスの違い

  2. トナカイと鹿の違い・見分け方

  3. 煩悩の数が108になった由来と除夜の鐘との関係

  4. 逮捕と検挙と摘発の違い

  5. お酒の適量とはどのくらいの量のことか

  6. ツナとシーチキンの違い

  7. 材料と原料と原材料と素材と資材の違い

TOP