禍福は糾える縄の如しの語源・由来

出典は『史記・南越伝』の「因禍為福、成敗之転、譬若糾纏(禍に因りて福を為す。成敗の転ずるは、たとえば糾える縄の如し)」から。
禍福は糾える縄の如しの「禍福」は、災難と幸福、不運と幸運、吉凶を意味する語。
「糾える(糾う)」は、糸や縄などがより合わせた状態や、交互に絡ませた状態を表す言葉である。
幸福と不幸(禍)は、撚り合わせた縄のように表裏をなしており、禍が幸福の元になったり、幸福が禍の元となる。また、より合わせた1本の縄のように、幸と不幸は交互に来るものであることをたとえて「禍福は糾える縄の如し」という。
四字熟語では、「禍福糾縄」や「禍福糾纆」と表す。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ハロウィンの語源・由来

  2. 滅法の語源・由来

  3. 猫車の語源・由来

  4. サクラ(おとり)の意味・類語・言い換え

  5. スパルタ教育の語源・由来

  6. おみおつけの語源・由来

  7. 居丈高の意味・類語・言い換え

  8. キリンの語源・由来

  9. 驕る(驕り)の語源・由来

  10. 国法の意味・類語・言い換え

  1. 黒幕の語源・由来

  2. 鑑賞の意味・類語・言い換え

  3. キジの意味・別名・類語

  4. 素封家の意味・類語・言い換え

  5. 省略の意味

  6. 「樽」と「桶」の違い

  7. 肝胆相照らすの語源・由来

  8. 木綿の語源・由来

  9. アワビの語源・由来

  10. 濡れ手で粟の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 引き出物の語源・由来

  2. 「検診」と「健診」の違い

  3. 経済の語源・由来

  4. 戒名の語源・由来

  5. ペチュニアの語源・由来

  6. コウイカの語源・由来

  7. 松竹梅の語源・由来

TOP