窺う(伺う)の語源・由来

「窺う」の意味では上代から使われており、「伺う」の意味は鎌倉時代頃からである。
「窺う」のひそかに様子を探る意味から、恐る恐る目上の人の様子を探る意味で「伺う」の意味が生じたと思われる。
古くは「うかかふ(うかかう)」と清音で、「うか」は「内」や「奥」を表すと考えられている。
「かふ(かう)」については不明だが、「考える」「探る」などの意味とする説がある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. アシタバの栄養基礎知識

  2. 沽券に関わるの語源・由来

  3. 小春日和の語源・由来

  4. 可憐の語源・由来

  5. キョウチクトウの語源・由来

  6. コノシロの語源・由来

  7. テロの語源・由来

  8. 爪楊枝の語源・由来

  9. クレヨンの意味・類語・言い換え

  10. 「降雪」「積雪」「着雪」の違い

  1. 神無月の意味・異名・類語

  2. ハードボイルドの語源・由来

  3. 造詣が深いの語源・由来

  4. もなかの語源・由来

  5. つぶ貝の栄養基礎知識

  6. 当季の意味・類語・言い換え

  7. 循守の意味・類語・言い換え

  8. なぞなぞの語源・由来

  9. アニメの語源・由来

  10. 不届きの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 枝豆の栄養基礎知識

  2. 伊達の語源・由来

  3. ハナミズキの語源・由来

  4. かぼちゃの栄養基礎知識

  5. 「精進」と「邁進」の違い

  6. 「毒薬」「劇薬」「毒物」「劇物」の違い

  7. 矢も盾もたまらないの語源・由来

TOP