神戸市の語源・由来

神戸の地名は、平安前期の『和名抄』に「摂津国八部郡神戸郷」の名で見られるのが古い。
神戸は「かんべ(カムヘ)」と読み、神社に租税を納める民のこと。
この地は、生田神社に租税を納める民戸があったことに由来する。

出典:語源由来辞典

TOP