女郎花の語源・由来

オミナエシの「オミナ(女郎)」は、美しい女性の意味で、『万葉集』では「女郎」のほか、オミナに「佳人」「美人」「娘子」「娘」「姫」などの字が使われている。
オミナエシの「エシ」には、動詞「ヘス(圧す)」の連用形とする説と、推量の「ベシ」とする説がある。
「ヘス」の連用形とすれば「美女をも圧倒する美しい花」の意味、推量の「ベシ」とすれば「女らしい花」の意味となる。
女郎花の歴史的仮名遣いは「ヲミナヘシ」で、鎌倉時代頃から「ヲミナベシ」が見られるようになるため、「ヘス」の説が妥当である。
ただし、「ヘシ」と書いて発音は「ベシ」だったとの見方もあり、それが正しかった場合は推量「ベシ」の説も考えられる。

その他、女郎花の語源には「女飯」に由来する俗説もある。
それは、白いもち米の飯を男性が食べていたことから「男飯(おとこめし)」、黄色い粟飯を女性が食べていたことから「女飯(おみなめし)」と呼んでおり、黄色い粟飯と女郎花の花が似ていることから、この植物を「オミナメシ」と呼ぶようになり、変化して「オミナエシ」になったというもの。
しかし、「ヲミナメシ(オミナメシ)」が見られるようになるのは室町時代からである。
女郎花の語源が「女飯」とすれば、奈良時代に「ヲミナヘシ」、鎌倉時代に「ヲミナベシ」と呼ばれていた植物名が一度消滅し、室町時代に全く新しい形で「ヲミナメシ(オミナメシ)」という名前が誕生したことになるため、この説を考慮する必要はない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. なしのつぶての意味・類語・言い換え

  2. 「晦日」と「大晦日」の違い

  3. 無病息災の意味・類語・言い換え

  4. ニワトリの語源・由来

  5. 予言の意味・類語・言い換え

  6. 分限者の意味・類語・言い換え

  7. もどかしいの語源・由来

  8. 落花生の語源・由来

  9. ロマン(ロマンス)の語源・由来

  10. 干し柿の栄養基礎知識

  1. イクラの語源・由来

  2. へちまの語源・由来

  3. パラリンピックの語源・由来

  4. パンデミックの語源・由来

  5. カモの語源・由来

  6. 行儀の語源・由来

  7. 天真爛漫の語源・由来

  8. コレステロールの語源・由来

  9. 反りが合わないの語源・由来

  10. 花の語源・由来

人気記事

  1. 「聖歌」と「讃美歌」の違い

  2. はさみの語源・由来

  3. センダンの語源・由来

  4. 鳥取県の語源・由来

  5. カンカン帽の語源・由来

  6. 「忖度」と「斟酌」の違い

  7. 梨の語源・由来

TOP