考えるの語源・由来

考えるの文語は「かんがふ」で、古くは「かむがふ」であった。
「かむがふ」の「むかふ(むがふ)」は、「むかう(向かう・対)」の意味。
最初の「か」は、「すみか(住み処)」「ありか(在り処)」などの「か(処)」と同じく場所を表す「か(処)」、もしくは、「かなた(彼方)」など指し向うところを表す「か(彼)」。
考えるは、二つの物事を対比して思いめぐらすことから、「か・むかふ(かむがふ)」になり、「かんがふ」「かんがえる」になったと考えられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「共同」「協同」「協働」の違い

  2. 「春彼岸」と「秋彼岸」の違い

  3. 鰯の頭も信心からの意味・類語・言い換え

  4. ノロウイルスの語源・由来

  5. ハゲの語源・由来

  6. バターの意味・類語・関連語

  7. 卑怯の意味・類語・言い換え

  8. 盆の語源・由来

  9. しぐれ煮の語源・由来

  10. 初夢の意味・類語・言い換え

  1. 若いツバメの語源・由来

  2. 母の日の意味・類語・関連語

  3. 糟糠の妻の意味・類語・言い換え

  4. ストロベリーの語源・由来

  5. 青柳の語源・由来

  6. 舎利の語源・由来

  7. 白日青天の意味

  8. かかしの語源・由来

  9. ウミネコの意味・別名・類語

  10. まんじゅうの語源・由来

人気記事

  1. 愛逢月の語源・由来

  2. 「修正」と「修整」の違い

  3. 垢の語源・由来

  4. 「飛行機」と「航空機」の違い

  5. カナリアの語源・由来

  6. キンカンの語源・由来

  7. 豊中市の語源・由来

TOP