考えるの語源・由来

考えるの文語は「かんがふ」で、古くは「かむがふ」であった。
「かむがふ」の「むかふ(むがふ)」は、「むかう(向かう・対)」の意味。
最初の「か」は、「すみか(住み処)」「ありか(在り処)」などの「か(処)」と同じく場所を表す「か(処)」、もしくは、「かなた(彼方)」など指し向うところを表す「か(彼)」。
考えるは、二つの物事を対比して思いめぐらすことから、「か・むかふ(かむがふ)」になり、「かんがふ」「かんがえる」になったと考えられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 内縁の意味・類語・言い換え

  2. 補筆の意味・類語・言い換え

  3. 母体と母胎の違い

  4. 豚の意味・別名・類語

  5. 給料の意味・類語・言い換え

  6. バナナの栄養基礎知識

  7. イカの意味

  8. 寿司と鮨と鮓の違い

  9. あたりめの語源・由来

  10. 二枚目の語源・由来

  1. 辞職の意味・類語・言い換え

  2. 事業家と実業家と企業家と起業家と経営者の違い

  3. 保育園の意味・類語・言い換え

  4. 昆布茶の栄養基礎知識

  5. ハリケーンの語源・由来

  6. 海胆と海栗と雲丹の違い

  7. 料金の意味・類語・言い換え

  8. 基準と規準の違い・使い分け

  9. 刺身の意味・類語・言い換え

  10. 数の子の栄養基礎知識

人気記事

  1. 降水量と降雨量の違い

  2. 保証と保障と補償の違い・使い分け

  3. 幻覚と錯覚と幻視と錯視と誤認の違い・使い分け

  4. 茶道で茶碗を回す理由

  5. スダチとカボスの違い

  6. イモリとヤモリとトカゲとカナヘビの違い

  7. うるう年とうるう秒の違い

TOP