なるほどの語源・由来

なるほどの「なる」は「実現する」「出来上がる」「成立する」ことを表す「成る」。
「ほど」は「程度」「限度」を意味する「程」で、なるほどは「できる限り」の意味で使われていた。
やがて「なるべく」「なるたけ(なるだけ)」に代わり、なるほどは「いかにも」「たしかに」といった、相手の言うことを肯定する言葉となった。
なるほどがこのような意味に変化したのは、「できる限り」という程度・状態はそれ以上のものがなく、「他には考えられない」「明らかである」の意味に通じることからと考えられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 油の語源・由来

  2. あしたの語源・由来

  3. 物語の語源・由来

  4. たなごころの意味・類語・言い換え

  5. ピンからキリまで(ピンキリ)の語源・由来

  6. 十五夜の意味・類語・言い換え

  7. ボタンの語源・由来

  8. Augustの意味・異名・類語

  9. 女郎花の意味・別名・類語

  10. スパルタ教育の語源・由来

  1. 瞳の意味・類語・言い換え

  2. てんとう虫の種類

  3. 雷(らい)の意味

  4. けったいの語源・由来

  5. リクルートの語源・由来

  6. 勘定の意味・類語・言い換え

  7. ハンチング帽とキャスケットとベレー帽の違い

  8. 継母の意味

  9. パッションフルーツの栄養基礎知識

  10. 整理と整頓の違い

人気記事

  1. レシピの「少々」「ひとつまみ」「一握り」は何グラムか

  2. 口紅とグロスとルージュとリップの違い

  3. 牛乳を温めるとなぜ膜が張るのか

  4. 「ひつじ雲」「うろこ雲」「いわし雲」の違い

  5. さつまいもを食べるとおならが出る理由とおならを防ぐ方法

  6. 真夏に雪が降ったら初雪になるか

  7. 「意図的」と「恣意的」の違い

TOP