絆されるの語源・由来

絆されるは、動詞「絆す(ほだす)」に受け身の助動詞「れる」が付いた語。
絆すには、馬などを綱で繋ぎ留めるほか、人の自由を束縛する意味がある。
自由を束縛されるという意味から、絆されるは情に縛られることも意味するようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. うどの大木の語源・由来

  2. 標高と海抜の違い

  3. 節約と倹約の違い

  4. 遺跡と史跡の違い

  5. 梅雨と雨季の違い

  6. なぜクリスマスは「X’mas」ではなく「Xmas」と書くのか

  7. 邦人と日本人の違いの違い・使い分け

  8. かぼちゃの栄養基礎知識

  9. 台風の大型・超大型・強い・非常に強い・猛烈の違い・呼び分け方

  10. ワイシャツの語源・由来

  1. 初夢の意味・類語・言い換え

  2. 冒険と探検と探険の違い・使い分け

  3. 儲かるの意味・類語・言い換え

  4. 卵黄の栄養基礎知識

  5. ウイスキーの栄養基礎知識

  6. 言葉の語源・由来

  7. 虎の威を借る狐の意味・類語・言い換え

  8. 夏季と夏期の違い・使い分け

  9. オイルサーディンの意味・類語・言い換え

  10. マイナーリーグ

人気記事

  1. 緑色なのに黒板という理由

  2. うなぎや穴子の刺身が滅多に食べられない理由

  3. 2月29日に生まれた人はいつ歳を取るか

  4. 俳句と川柳の違い

  5. カフェオレとカフェラテとカプチーノとカフェモカの違い

  6. 曖昧とあやふやとうやむやの違い

  7. 梅雨と雨季の違い

TOP