尋常の語源・由来

尋常の「尋」も「常」も長さの単位で、古代中国で「尋」は8尺(日本では6尺または5尺)、「常」はその2倍の16尺を表した。
8尺や16尺は並みの長さであることから、「普通」や「当たり前」の意味に転じた。
日本では、普通が目立たず上品であるという意識から、尋常は見苦しくないことや、立派なさまもいうようになった。
時代劇などで「いざ、尋常に勝負しろ」などという「尋常」は、「素直」「潔い」といった意味で、これも「普通」の意味から転じたものである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 押さえると抑えるの違い・使い分け

  2. シャープペンシルの語源・由来

  3. 鹿児島県の語源・由来

  4. あまのじゃくの語源・由来

  5. 勘当の語源・由来

  6. タイの首都バンコクの正式名称は世界一長い

  7. 言い訳と申し訳と弁解と弁明と釈明の違い

  8. 子(子年)の語源・由来

  9. ごま油の栄養基礎知識

  10. 案の定の語源・由来

  1. あっぱれの語源・由来

  2. 海の語源・由来

  3. けじめの語源・由来

  4. 泥棒の語源・由来

  5. スパゲッティの種類

  6. 福島市の語源・由来

  7. 責任転嫁の語源・由来

  8. 泥に灸の語源・由来

  9. 通常逮捕と緊急逮捕と現行犯逮捕の違い

  10. ひつまぶしの語源・由来

人気記事

  1. 怒ると叱るの違い・使い分け

  2. 宝くじの1等の当選番号が一番初めや一番後ろの時の前後賞はどうなるか

  3. 作ると造ると創るの違い・使い分け

  4. 暖かいと温かいの違い・使い分け

  5. 干支と十二支の違い

  6. 樽と桶の違い

  7. 使用と利用の違い・使い分け

TOP