観念の語源・由来

観念は、仏教用語で「観想の念仏」の略。
「観」は、知恵を持って観察し、悟りを得ることを意味するサンスクリット語「vipaśyanā」の漢訳。
「念」は、心に思うことを意味するサンスクリット語「smŗti」の漢訳である。
観念は瞑想法の一で、精神を集中させ、仏や浄土の姿を思念することを言い、そこから物事に対してもつ考えや意識の意味が生じた。
諦めるといった意味は、真理を会得し悟りを得るという「覚悟」の意味から転じたものである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 用心棒の語源・由来

  2. サフランの意味・別名・類語

  3. 頑張るの意味・類語・言い換え

  4. ハマナスの意味・別名・類語

  5. セゾンの意味・類語・言い換え

  6. 何卒の語源・由来

  7. 向こう脛の語源・由来

  8. 「ジャージ」「スウェット」「トレーナー」の違い

  9. 諱の語源・由来

  10. 税金の語源・由来

  1. 郡山市の語源・由来

  2. サラブレッドの語源・由来

  3. 妹の語源・由来

  4. 慌てふためくの語源・由来

  5. おしめの意味・類語・言い換え

  6. 酸っぱいの語源・由来

  7. 母の日の語源・由来

  8. 「賞味期限」と「消費期限」の違い

  9. 二枚目の語源・由来

  10. よりを戻すの語源・由来

人気記事

  1. サクラソウの語源・由来

  2. 帰国子女の語源・由来

  3. カニの語源・由来

  4. 左官の語源・由来

  5. ごまめの語源・由来

  6. 座敷の語源・由来

  7. 香具師の語源・由来

TOP