観念の語源・由来

観念は、仏教用語で「観想の念仏」の略。
「観」は、知恵を持って観察し、悟りを得ることを意味するサンスクリット語「vipaśyanā」の漢訳。
「念」は、心に思うことを意味するサンスクリット語「smŗti」の漢訳である。
観念は瞑想法の一で、精神を集中させ、仏や浄土の姿を思念することを言い、そこから物事に対してもつ考えや意識の意味が生じた。
諦めるといった意味は、真理を会得し悟りを得るという「覚悟」の意味から転じたものである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. おはようの語源・由来

  2. 敬遠の語源・由来

  3. 熊本県の語源・由来

  4. チャーハンとピラフと焼き飯の違い

  5. 蓑の語源・由来

  6. さけるとよけるの違い・使い分け

  7. お茶を濁すの語源・由来

  8. 節約と倹約の違い

  9. 三毛猫のオスが少ない理由

  10. サービスエリアとパーキングエリアの違い

  1. とどのつまりの意味・類語・言い換え

  2. いかずちの意味

  3. 山椒の語源・由来

  4. コンサートの語源・由来

  5. はなむけの意味・類語・言い換え

  6. 入れ墨の意味・別名・類語

  7. 爽快の意味・類語・言い換え

  8. 二番煎じの語源・由来

  9. スズメの語源・由来

  10. ずんだ餅の語源・由来

人気記事

  1. 湯布院と由布院の違い

  2. 保証人と連帯保証人の違い

  3. 抗菌と除菌と殺菌と滅菌と消毒の違い

  4. 登山とトレッキングとハイキングの違い

  5. 生誕と誕生の違い・使い分け

  6. せんべいとあられとおかきの違い

  7. 俳句と川柳の違い

TOP