社会の語源・由来

社会は、福地源一郎(福地桜痴)による英語「society」の訳語。
明治初期まで「society」に相当する訳語は存在せず、「交際」「仲間」「連中」「組」「俗間」「社中」などが当てられていた。
その中で、明治8年(1875年)、福地源一郎が東京日日新聞に「ソサイエチー」のルビ付きで「社會(社会)」の語を使用したことで、「社会」という訳語が定着した。
ただし、その当初、社会は「小さな共同体」「会社」など狭い意味で用いられていたにすぎない。
明治10年頃から、一般にも「社会」の語は普及し、現在のように広い意味で用いられるようになっていった。

福澤諭吉が「society」の訳語として「社會(社会)」という語を作ったとする説もあるが、福地源一郎の方が早い。
「社会」という言葉自体は、中国の宋学の入門書『近思録(1176年刊)』に見られ、日本でも文政9年(1826年)の『輿地誌略』に「教団」「会派」の意味で「社會」が用いられている。
これらの事からも分かるとおり、「社会」が福地源一郎による造語という訳ではない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 桐の意味・別名・類語

  2. 脚色の語源・由来

  3. 伊勢海老の語源・由来

  4. 忖度の意味・類語・言い換え

  5. 「修正」と「訂正」の違い

  6. はたちの語源・由来

  7. 「十分」と「充分」の違い

  8. 片棒を担ぐの語源・由来

  9. ちゃらんぽらんの意味・類語・言い換え

  10. プロパガンダの語源・由来

  1. 「戸籍謄本」と「戸籍抄本」の違い

  2. 断腸の思いの語源・由来

  3. 束の間の意味・類語・言い換え

  4. 朝顔の語源・由来

  5. 鎌倉市の語源・由来

  6. 天童市の意味・シンボル

  7. しょうもないの語源・由来

  8. 刺青の意味・別名・類語

  9. ドタキャンの語源・由来

  10. バンジージャンプの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 「ラムネ」「サイダー」「ソーダ」の違い

  2. 流行るの語源・由来

  3. 「昼光色」「昼白色」「電球色」の違い

  4. 「大トロ」「中トロ」「赤身」の違い

  5. 一緒くたの語源・由来

  6. 板橋区の語源・由来

  7. 柳眉倒豎の語源・由来

TOP