手をこまねくの語源・由来

手をこまねくの「こまねく」は、「こまぬく」が音変化した語で、漢字ではどちらも「拱く」と表記する。
「こまぬく」は、両手の指を胸の前で組んで挨拶する中国の敬礼の一で、腕組みをするという意味もある。
傍観する際には腕組みをすることが多いことから、手をこまねく(こまぬく)は「何もしないでいる」「何もできないでいる」の意味で使われるようになった。

文化庁が発表した「国語に関する世論調査」では、手をこまねくを「準備して待ち構える」の意味と誤解している人が、「傍観している」と認識している人よりも多く、その数は年々増加している。
このような誤用は、言葉の由来を知れば正しい意味を理解できることも多いが、腕を組む姿は待ち構える印象もあるため、手をこまねくに関しては、語源で誤用を減らすことは難しい。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. イケメンの意味・類語・言い換え

  2. 「怖い」「恐い」「強い」の違い

  3. 祭りの語源・由来

  4. 完璧の語源・由来

  5. 愛知県の意味・シンボル

  6. 水入らずの意味・類語・言い換え

  7. トトカルチョの語源・由来

  8. あんぽんたんの意味・類語・言い換え

  9. ばつが悪いの語源・由来

  10. もみじの意味・類語・言い換え

  1. エリンギの語源・由来

  2. ステマの語源・由来

  3. くしゃみの意味・類語・言い換え

  4. 甲府市の意味・シンボル

  5. ずんぐりむっくりの語源・由来

  6. バイキングの意味・類語・言い換え

  7. 巳(巳年)の語源・由来

  8. ゴキブリの語源・由来

  9. 鈴鹿市の意味・シンボル

  10. 熊の種類

人気記事

  1. 自然の語源・由来

  2. 明太子の語源・由来

  3. カンカン帽の語源・由来

  4. 今際の際の語源・由来

  5. はちまきの語源・由来

  6. ごろつきの語源・由来

  7. 窺う(伺う)の語源・由来

TOP