おはぎの語源・由来

おはぎは、「萩の餅(萩の花とも)」をいう女房詞で、近世より見られる。
小豆の粒が萩の花の咲き乱れるさまに似ていることから、「萩の餅」と呼ばれるようになり、「おはぎ」となった。
お彼岸や四十九日忌明けに、おはぎを供えて食べる風習は、古くから赤い色が邪気を祓う色とされていたことに由来し、江戸時代頃にはじまったとされる。
「おはぎ」と「ぼたもち」に違いはないが、基本的には、花の季節に合わせ、春から初夏にかけて作るものを「ぼたもち」と呼び、秋に作るものを「おはぎ」を呼んでいた。

出典:語源由来辞典

TOP