勘当の語源・由来

「勘」は「考える」の意味で、罪を法に当てて考え、処罰を決めることを「勘当」といった。
そこから、しかり責めて叱る意味が生じ、更に、とがめて義絶する意味となった。
江戸時代、武士は管轄の奉行所、町人は町奉行所に勘当を届け出る必要があり、登録のないものは「内証勘当」といった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 愛知県の語源・由来

  2. かまくらの中が暖かい3つの理由

  3. 相合傘の語源・由来

  4. タイマンの語源・由来

  5. 昔の意味・類語・言い換え

  6. フラミンゴの種類

  7. 銀幕の語源・由来

  8. 「幻覚」「錯覚」「幻視」「錯視」「誤認」の違い

  9. 三隣亡の意味・類語・言い換え

  10. 「一時雨」「時々雨」「のち雨」「所により雨」の違い

  1. ヤクザの語源・由来

  2. 支度の語源・由来

  3. 花蜜柑の意味・類語・言い換え

  4. 年号の意味・類語・言い換え

  5. 「回答」と「解答」の違い

  6. アジトの意味・類語・言い換え

  7. 一石二鳥の意味・類語・言い換え

  8. 「始末書」と「顛末書」の違い

  9. 営むの語源・由来

  10. 二人称の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. ひつまぶしの語源・由来

  2. アオダイショウの語源・由来

  3. 「オセロ」と「リバーシ」の違い

  4. 「から揚げ」と「竜田揚げ」の違い

  5. 許婚の語源・由来

  6. 人口に膾炙するの語源・由来

  7. 「ジュゴン」と「マナティ」の違い

TOP