ほとんどの語源・由来

ほとんどは、副詞「ほとほと」が音変化した語。
平安から鎌倉時代にかけて「ほとほど」や「ほとをと」となり、室町時代中期以降「ほとんど」の形となった。
「ほとほと」は「辺」や「側」を表す「ほとり」の語根「ほと」を重ねたもので、「もう少しで」というところから、「だいたい」や「危ういところで」の意味を表すようになった。
現代語では「ほとんど」がこの意味を引き継ぎ、「ほとほと」は意味が変化して「まったく」「つくづく」など困り果てた気持ちを表す。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. もみじの意味・類語・言い換え

  2. フクロウの語源・由来

  3. 循守の意味・類語・言い換え

  4. としよりの福祉週間の意味・類語・言い換え

  5. もっけの幸いの語源・由来

  6. ルイボスの語源・由来

  7. ケチの意味・類語・言い換え

  8. おとりの語源・由来

  9. 半畳を入れるの語源・由来

  10. おかっぱの語源・由来

  1. 鳥取県の語源・由来

  2. 宴の語源・由来

  3. プロセスチーズの語源・由来

  4. 耳を揃えるの意味・類語・言い換え

  5. おいしいの語源・由来

  6. ビビるの語源・由来

  7. 瀬戸際の意味・類語・言い換え

  8. 図に乗るの語源・由来

  9. 蝋梅の語源・由来

  10. サイボーグの語源・由来

人気記事

  1. 「成長」と「生長」の違い

  2. 一言居士の語源・由来

  3. ケールの栄養基礎知識

  4. 「晦日」と「大晦日」の違い

  5. アネモネの語源・由来

  6. 赤ワインの栄養基礎知識

  7. キンカンの語源・由来

TOP