引導を渡すの語源・由来

引導を渡すの原義は、人々を導いて仏道に入れること。
そこから、葬儀の時、導師の僧が棺の前で、死者が迷わず悟りを開くよう法語を唱えることを意味するようになった。
これは死んだことを分からせる儀式であるところから、残りの命がないことを分からせる意味でも用いられるようになった。
更に、将来の見込みのない人に対し、諦めるよう最終的な宣告をすることも「引導を渡す」と言うようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. マッポの意味・類語・言い換え

  2. 「人魚の数え方」と「鬼の数え方」の違い

  3. パスタの種類

  4. ホットドッグの語源・由来

  5. 保障の意味・類語・言い換え

  6. 卯月(ぼうげつ)の意味・異名・類語

  7. 「不倫」と「浮気」の違い

  8. 乞食の意味・類語・言い換え

  9. ナルシストの語源・由来

  10. ホタテガイの語源・由来

  1. 万能の意味・類語・言い換え

  2. 貫禄の語源・由来

  3. 後ろめたいの語源・由来

  4. 薩摩守の語源・由来

  5. フリソデヤナギの語源・由来

  6. 「能率」と「効率」の違い

  7. 三階の読み方は「さんがい」と「さんかい」のどっちが正しいか

  8. 絣の語源・由来

  9. 「目」と「眼」の違い

  10. ちょんまげの語源・由来

人気記事

  1. 喉仏の語源・由来

  2. ヤリイカの語源・由来

  3. 横柄の語源・由来

  4. パセリの語源・由来

  5. 馬鹿の語源・由来

  6. 「山」と「丘」の違い

  7. こんにゃくの栄養基礎知識

TOP