引導を渡すの語源・由来

引導を渡すの原義は、人々を導いて仏道に入れること。
そこから、葬儀の時、導師の僧が棺の前で、死者が迷わず悟りを開くよう法語を唱えることを意味するようになった。
これは死んだことを分からせる儀式であるところから、残りの命がないことを分からせる意味でも用いられるようになった。
更に、将来の見込みのない人に対し、諦めるよう最終的な宣告をすることも「引導を渡す」と言うようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 蚊の語源・由来

  2. 石に灸の意味・類語・言い換え

  3. 湯葉の語源・由来

  4. 初社の意味・類語・言い換え

  5. スパムの語源・由来

  6. マリーゴールドの意味・別名・類語

  7. 鳥の語源・由来

  8. 珍しいの語源・由来

  9. 頭陀袋の語源・由来

  10. こめかみの語源・由来

  1. 瀬戸物の意味・類語・言い換え

  2. のんきの意味・類語・言い換え

  3. 芝海老の語源・由来

  4. メリヤスの語源・由来

  5. 牡丹の語源・由来

  6. おふくろの意味・類語・言い換え

  7. 帯広市の語源・由来

  8. はんこを押すの意味・類語・言い換え

  9. 多治見市の意味・シンボル

  10. 生姜の語源・由来

人気記事

  1. アヒルの語源・由来

  2. 「賀正」「迎春」「謹賀新年」「恭賀新年」の違い

  3. 「ひつじ雲」「うろこ雲」「いわし雲」の違い

  4. 万事休すの語源・由来

  5. ヤクザの語源・由来

  6. 菊池市の語源・由来

  7. オトギリソウの語源・由来

TOP