焼け木杭に火が付くの語源・由来

焼け木杭に火が付くの「焼け木杭」とは、燃えさしの切り株や焼けた杭のこと。
「木杭(ぼっくい)」は、「棒杭(ぼうくい)」が音変化した語である。
一度焼けて炭化した杭は再び火がつきやすいことから、過去に燃え上がった関係(とくに男女の恋愛関係)を「焼け木杭」にたとえ、以前関係のあった者同士が、再び元の関係に戻ることを「焼け木杭に火が付く」と言うようになった。

誤って「焼けぼっくりに火が付く」と言われることも多い。
これは、「ぼっくい」が「ぼっくり」に聞こえやすく、聞き慣れた「松ぼっくり」との混同であろう。
しかし、「松ぼっくり」とは言うが「ぼっくり」が単独で使用されることはなく、「焼けぼっくり」という言葉もない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. とうもろこしの意味・別名・類語

  2. コハダの意味・別名・類語

  3. 手塩にかけるの語源・由来

  4. さやいんげんの栄養基礎知識

  5. 増毛の意味・類語・言い換え

  6. お中元の語源・由来

  7. きんつばの意味・別名・類語

  8. 味噌をつけるの意味・類語・言い換え

  9. ドタキャンの語源・由来

  10. 半寿の語源・由来

  1. チタンの語源・由来

  2. じゃんけんの意味・類語・言い換え

  3. 年賀の意味・類語・言い換え

  4. 寝耳に水の意味・類語・言い換え

  5. 白日青天の意味

  6. 秋分の意味・類語・言い換え

  7. トンボの語源・由来

  8. 多機能の意味・類語・言い換え

  9. ヤブ蚊の語源・由来

  10. エンスーの語源・由来

人気記事

  1. 遺伝子とDNAとゲノムの違い

  2. ピントとフォーカスの違い

  3. ニホンとニッポンの違い

  4. 作ると造ると創るの違い・使い分け

  5. 代議士と国会議員の違い

  6. かいわれ大根と大根の違い

  7. 人種と民族の違い

TOP