八面六臂の語源・由来

八面六臂の「面」は「顔」、「臂」は「肘(ひじ)・腕」の意味。
阿修羅など、三つの顔と六本の腕をもつ仏像を「三面六臂」といい、傑出した手腕や力量をもつたとえに使われる。
この「三面六臂」と、多方面を表す「八面」が合わさって生まれたた語が「八面六臂」である。
そのため、八面六臂の仏像は存在しない。

出典:語源由来辞典

TOP