印税の語源・由来

印税は、英語「stamp duty」の訳である「印紙税」の略語で、税金の一種ではない。
元々は、発行部数の確認のため、著者が書籍の奥付などにに押印したり、押印した紙片(検印紙)を貼っていた。
その印の数に応じて支払いが行われるところが、収入印紙税に似ていることから、「印紙税」と呼ばれるようになった。
検印紙を貼る印税方式は、明治から昭和40年代中頃まで行われていた。
検印紙が廃止になった以降も、「ロイヤリティー」の意味で「印税」という言葉は残り、書籍に関わらず、作詞家・作曲家・歌手など音楽関係の対価もいうようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「根」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  2. 富士見市の語源・由来

  3. ちょっかいの語源・由来

  4. カリフラワーの栄養基礎知識

  5. 「パート」と「アルバイト」の違い

  6. 俄然の意味・類語・言い換え

  7. なますの語源・由来

  8. ヤクザの意味・類語・言い換え

  9. 第二人称の意味・類語・言い換え

  10. 向こう脛の意味・別名・類語

  1. タピオカの栄養基礎知識

  2. 唐辛子の種類

  3. どんぶり勘定の語源・由来

  4. 出刃包丁の語源・由来

  5. 腰の語源・由来

  6. 風呂の意味・類語・言い換え

  7. 色をなすの語源・由来

  8. 「実」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  9. イランイランの語源・由来

  10. 準拠の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 「雹(ひょう)」と「霰(あられ)」の違い

  2. ぶりっ子の語源・由来

  3. キジの語源・由来

  4. キウイフルーツの栄養基礎知識

  5. 腹の語源・由来

  6. 日南市の語源・由来

  7. 弱冠の語源・由来

TOP