印税の語源・由来

印税は、英語「stamp duty」の訳である「印紙税」の略語で、税金の一種ではない。
元々は、発行部数の確認のため、著者が書籍の奥付などにに押印したり、押印した紙片(検印紙)を貼っていた。
その印の数に応じて支払いが行われるところが、収入印紙税に似ていることから、「印紙税」と呼ばれるようになった。
検印紙を貼る印税方式は、明治から昭和40年代中頃まで行われていた。
検印紙が廃止になった以降も、「ロイヤリティー」の意味で「印税」という言葉は残り、書籍に関わらず、作詞家・作曲家・歌手など音楽関係の対価もいうようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「煎茶」「玉露」「抹茶」「番茶」「ほうじ茶」「玄米茶」の違い

  2. 浅はかの意味・類語・言い換え

  3. 起業家の意味・類語・言い換え

  4. 服屋の意味・類語・言い換え

  5. ブロッコリースプラウトの栄養基礎知識

  6. 郷里の意味・類語・言い換え

  7. けりをつけるの語源・由来

  8. 滋賀県の語源・由来

  9. 睦月の意味・異名・類語

  10. 「餅」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  1. 鳶職の語源・由来

  2. いちごの意味・別名・類語

  3. 極楽の語源・由来

  4. どじょうの語源・由来

  5. 蛍雪の功の語源・由来

  6. フリソデヤナギの意味・別名・類語

  7. 苅田町の語源・由来

  8. 「準備」「用意」「支度」の違い

  9. パンデミックの意味・類語・言い換え

  10. 両国国技館の住所はなぜ「横綱」ではなく「横網」なのか

人気記事

  1. タングステンの語源・由来

  2. ひよこの語源・由来

  3. いよかんの語源・由来

  4. ジグザグの語源・由来

  5. シャッポを脱ぐの語源・由来

  6. 差し出がましいの語源・由来

  7. 「ひやむぎ」と「そうめん」の違い

TOP