大きいの語源・由来

「大きい」と「多い」は、上代では区別されておらず、共に「オホシ(おおし)」で表されていた。
平安時代に入ると、「オホシ」の連体形「オホキ(おおき)」が「大きい」の意味を担うようになり、形容動詞の「オホキナリ(おおきなり)」が成立した。
室町時代以降、「オホキ」に形容詞語尾の「イ」が付いた「オホキイ(おおきい)」が口語の中で用いられるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 名前の語源・由来

  2. 「許可」と「認可」の違い

  3. さくらんぼの栄養基礎知識

  4. 大丈夫の語源・由来

  5. はちみつの栄養基礎知識

  6. 隈取りの語源・由来

  7. 山形市の意味・シンボル

  8. 静岡県の語源・由来

  9. ムショの意味・類語・言い換え

  10. 按摩の語源・由来

  1. マグロの語源・由来

  2. ニュースの語源・由来

  3. 贅沢の語源・由来

  4. 入れ墨の意味・別名・類語

  5. 天衣無縫の意味・類語・言い換え

  6. ワイシャツの意味・類語・言い換え

  7. オジギソウの語源・由来

  8. モルモットの種類

  9. アメリカの語源・由来

  10. 落花生の意味・別名・類語

人気記事

  1. 四股の語源・由来

  2. 「Tシャツ」と「カットソー」の違い

  3. ツバキの語源・由来

  4. 一世風靡の語源・由来

  5. マリーゴールドの語源・由来

  6. 鼓舞の語源・由来

  7. ウクレレの語源・由来

TOP