カヤの語源・由来

カヤの葉には臭気があり、蚊を追い払うために用いられていた。
そのことから、「かやり(蚊遣り)」の「り」が脱落して、「カヤ」になったと考えられる。
漢字の「榧」は、呉音・漢音ともに「ヒ」と読み、「木+音符匪(ヒ)」からなる文字なので、この漢字には特に意味がない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. へぼ(へぼい)の語源・由来

  2. すっぽかすの語源・由来

  3. 京都府の語源・由来

  4. クラリネットの語源・由来

  5. 名前の語源・由来

  6. 中井町の語源・由来

  7. いちころの語源・由来

  8. ヒラメとカレイの違い・見分け方

  9. パニックの語源・由来

  10. 大トロと中トロと赤身の違い

  1. 狂言の語源・由来

  2. 海老で鯛を釣るの意味・類語・言い換え

  3. 降雪と積雪と着雪の違い

  4. エブリバディの意味・類語・言い換え

  5. 東京都の市区町村名一覧

  6. 時化の語源・由来

  7. 押印の意味・類語・言い換え

  8. 桎梏の語源・由来

  9. 七夕の意味・別名・類語

  10. ゲソの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 土と泥と泥土の違い

  2. 事実と真実の違い

  3. テロとゲリラとクーデターの違い

  4. なぜ木の葉や草は緑色なのか

  5. 検討と見当の違い・使い分け

  6. 母体と母胎の違い

  7. 死体と遺体の違い・使い分け

TOP