蚊帳の語源・由来

蚊帳は「蚊屋」とも書くとおり、語構成は「か(蚊)」+「や(屋)」で、「蚊を防ぐ家」の意味。
漢字の「蚊帳」には、「かや」のほか「かちょう」や「ぶんちょう」の読みがあり、「ぶんちょう」の「ぶん」は漢音で、漢字の「蚊」の由来にも通じる。

8世紀初頭の『藩磨国風土記』には既に「蚊屋」の文字が見られ、古くから蚊帳が用いられていたようだが、麻や木綿などで作られた布を四隅から吊るようなものではなく、昔の蚊屋は竹を組んで布を垂らしたものであった。
本格的に蚊帳が作り始められたのは、奈良時代以降。一般に普及したのは、室町以降である。

殺虫剤が普及したことで、蚊帳は用いられなくなってきた。
しかし、殺虫剤は虫を殺すばかりでなく、アトピーなど人間の体にも害があることや、ベッドでも使えるタイプやテント型も作られるようになったことで、その良さが見直されるようになってきている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ビーバーの語源・由来

  2. アーモンドとピーナッツの違い

  3. 背水の陣の語源・由来

  4. 容疑者と被疑者と被告人と犯人の違い

  5. 案の定の語源・由来

  6. 黒字の語源・由来

  7. 新潟市の語源・由来

  8. ペンギンが空を飛べない理由

  9. キウイフルーツの語源・由来

  10. 大盤振る舞いの語源・由来

  1. 猪突猛進の意味・類語・言い換え

  2. へなちょこの語源・由来

  3. 押印と捺印と押捺の違い・使い分け

  4. 湯布院と由布院の違い

  5. なぜ雪は白いのか

  6. スケベの語源・由来

  7. 米酢と穀物酢の違いはあるの?自分にはどちらがおすすめ?

  8. ワインの語源・由来

  9. 初社の意味・類語・言い換え

  10. ネコヤナギの語源・由来

人気記事

  1. 発見と発明の違い

  2. 風邪とインフルエンザの違い

  3. 日本一低い山は宮城県仙台市の日和山

  4. 上白糖とグラニュー糖と三温糖の違い

  5. 通夜と葬儀と告別式の違い

  6. 効くと利くの違い・使い分け

  7. 共同と協同と協働の違い・使い分け

TOP