仕事の語源・由来

しごとの「し」は、「動作」「行為を行う」意味のサ変動詞「す(為)」の連用形「し」。
しごとの「ごと」は「事」。
本来、仕事は「すること」の意味しかなかった。
「すること」は「すべきこと」でもあり、「すべきこと」は生きていくために働くことでもある。
そのため、仕事は「お金を稼ぐために行うこと」や「職業」も意味するようになり、その意味で「仕事」を用いることが多くなった。
語源からすれば、本来の漢字表記は「為事」で、「仕事」の「仕」は音からの当て字といわれる。
しかし、江戸時代には「する(為る)」を「仕る」とした例が多く見られることから、当て字とは言い切れない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ざっくばらんの語源・由来

  2. 愛媛県の市町名一覧

  3. どんぐりの語源・由来

  4. 紹興酒の種類

  5. ごま豆腐の栄養基礎知識

  6. キリンの語源・由来

  7. 佐川町の意味・シンボル

  8. 「体」と「身体」の違い

  9. バジル粉末の栄養基礎知識

  10. 川崎市の語源・由来

  1. 「鳴く」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  2. はしたないの語源・由来

  3. しょうもないの語源・由来

  4. 声楽家の意味・類語・言い換え

  5. ペテン師(ペテン)の語源・由来

  6. 渡りに船の語源・由来

  7. 模造紙の語源・由来

  8. 「芭蕉」と「バナナ」の違い

  9. ビール腹の意味・類語・言い換え

  10. さくらんぼの栄養基礎知識

人気記事

  1. 牡蠣の栄養基礎知識

  2. スパルタ教育の語源・由来

  3. ロブスターの語源・由来

  4. にんじんの栄養基礎知識

  5. 海老で鯛を釣るの語源・由来

  6. 葉の語源・由来

  7. あなごの栄養基礎知識

TOP