仕事の語源・由来

しごとの「し」は、「動作」「行為を行う」意味のサ変動詞「す(為)」の連用形「し」。
しごとの「ごと」は「事」。
本来、仕事は「すること」の意味しかなかった。
「すること」は「すべきこと」でもあり、「すべきこと」は生きていくために働くことでもある。
そのため、仕事は「お金を稼ぐために行うこと」や「職業」も意味するようになり、その意味で「仕事」を用いることが多くなった。
語源からすれば、本来の漢字表記は「為事」で、「仕事」の「仕」は音からの当て字といわれる。
しかし、江戸時代には「する(為る)」を「仕る」とした例が多く見られることから、当て字とは言い切れない。

出典:語源由来辞典


今見られている記事 ランダム
  1. マンションとアパートの違い

  2. トウモロコシのひげの正体と粒の関係

  3. 尊宅の意味・類語・言い換え

  4. イモリの語源・由来

  5. 金字塔の意味・類語・言い換え

  6. 下駄の語源・由来

  7. 耐震と免震と制震と制振の違い

  8. 牧師の意味・類語・言い換え

  9. 未成年の意味

  10. 伯父と叔父と小父の違い

  1. クラシックの語源・由来

  2. 牡蠣の語源・由来

  3. 自然と天然の違い

  4. デリカテッセンの意味・類語・言い換え

  5. 煩わしいと面倒と厄介の違い

  6. 理解の意味・類語・言い換え

  7. 遡上の意味・類語・言い換え

  8. あんころの意味・類語・言い換え

  9. まずいの語源・由来

  10. 桜の語源・由来

人気記事

  1. ゴシップとスキャンダルの違い

  2. 竹と笹の違い

  3. 幼稚園と保育園と保育所と託児所の違い

  4. トウモロコシのひげの正体と粒の関係

  5. ウイスキーとブランデーの違い

  6. 言い訳と申し訳と弁解と弁明と釈明の違い

  7. 初めと始めの違い・使い分け

TOP