巳(巳年)の語源・由来

漢字の「巳」の原字は、頭と体ができかけた胎児を描いたもので、子宮が胎児をつつむさまを表す「包」の中と同じである。
そのため、十二支の「巳」は、植物に種子ができはじめる時期と考えられる。
『漢書 律暦志』では、「止む」の意味の「已」とし、草木の生長が極限に達して次の生命が作られはじめる時期と解釈している。
この「巳」を「ヘビ」としたのは、無学の庶民に十二支を浸透させるため、動物の名前を当てたものであるが、順番や選ばれた理由は定かではない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「紫蘇(シソ)」と「大葉」の違い

  2. 愛逢月の語源・由来

  3. ヤリイカの語源・由来

  4. ちりめんじゃこの意味・類語・言い換え

  5. お茶を濁すの語源・由来

  6. 那覇市の語源・由来

  7. あながちの語源・由来

  8. 縁日の語源・由来

  9. 西洋かぼちゃの栄養基礎知識

  10. 鉄火巻きの意味・別名・類語

  1. 「空」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  2. 勘当の意味・類語・言い換え

  3. キンボールの語源・由来

  4. じゃがいもの意味・別名・類語

  5. 生贄の語源・由来

  6. たけのこの成長はなぜ早いのか

  7. 横柄の意味・類語・言い換え

  8. 長崎市の意味・シンボル

  9. ひつまぶしの意味・別名・類語

  10. 和歌山市の語源・由来

人気記事

  1. うなぎの栄養基礎知識

  2. 「対応」と「応対」の違い

  3. 「アシカ」「アザラシ」「セイウチ」の違い

  4. 雰囲気の語源・由来

  5. モズの語源・由来

  6. 蝶の語源・由来

  7. スズキの語源・由来

TOP