稼ぐの語源・由来

稼ぐは、元々、お金を得ることが主ではなく、仕事に励むことを表した言葉である。
そこから、「生計のために働く」「働いて収入を得る」といった「お金を得る」意味が含まれるようになり、「得る」の意味から、得点をあげたり、自分に都合の良い状態になるまで時間を経過させることも、「稼ぐ」というようになった。

稼ぐの語源には、紡いだ糸を巻き取る道具の「かせ(桛)」に由来する説がある。
紡いだ糸をかせに巻くことを「かせぐ」という。
そして、かせは休みなく動いているように見えることから、かせのように仕事に励むことを「かせぐ」といったものと考えられる。
また、稼ぐの「かせ」は「かせ(日迫)」の意味で、昼夜に迫り、止まる所を知らないことをいったとする説もある。
上記二説は異なるが、休む間もなく働くことに由来する点では似ており、本来の「稼ぐ」の意味にも通じる。

出典:語源由来辞典


今見られている記事 ランダム
  1. 宮城県の語源・由来

  2. 埴輪の意味

  3. 氏の語源・由来

  4. フォーチュンの意味・類語・言い換え

  5. 経験と体験の違い・使い分け

  6. 生長の意味・類語・言い換え

  7. ブルの意味・類語・言い換え

  8. 池と沼と湖と泉と沢と潟の違い

  9. 不倫と浮気の違い

  10. 病院の意味・類語・言い換え

  1. 土用の語源・由来

  2. 言葉の語源・由来

  3. 体制と態勢と体勢と大勢の違い・使い分け

  4. 頭の語源・由来

  5. 月例の意味・類語・言い換え

  6. 川寿の意味・類語・言い換え

  7. 無尽蔵の語源・由来

  8. 倉と蔵と庫の違い

  9. つらつらの語源・由来

  10. 月次の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 基準と規準の違い・使い分け

  2. 交代と交替の違い・使い分け

  3. 午前12時と午後0時の違い

  4. 意思と意志の違い・使い分け

  5. 目から鱗が落ちる動物

  6. 俳句と川柳の違い

  7. 樽と桶の違い

TOP