「儲ける」と「稼ぐ」の違い

儲けると稼ぐは、利益や収入を得るという意味では共通するが、儲けるよりも稼ぐ方が地道に働くことを表す。

儲けるは、地道に働いて収入を得るというよりも、予想外の利益を得たり、うまく利益を得たりする意味で使う。
稼ぐは、精を出して働くことや、その働きによってお金を得ること、努力して手に入れることの意味で使われる。
「楽して稼ぐ」などと使うこともあるが、本来は「楽して儲ける」が正しい。
ただし、株やギャンブルで利益を得ることでも、継続的に利益を得ている場合には、地道に利益を得ることになるため、「稼ぐ」でも間違いにはならない。

なお、「儲ける」の漢字は「信」と「者」から成り立ち、顧客を信者にしてお金を得ることが儲けることと言われたりするが、「儲」は「人」と「諸」から成る漢字で、儲けることと信者に関連性はない。

出典:違いがわかる事典

今見られている記事 ランダム
  1. 菜(さい)の意味・類語・言い換え

  2. つつがないの意味・類語・言い換え

  3. チンゲン菜の栄養基礎知識

  4. かぼちゃの意味・別名・類語

  5. 取り越し苦労の語源・由来

  6. しんがりの意味・類語・言い換え

  7. マジックで白い鳩が使われる理由と鳩の種類

  8. 東京都の市区町村名一覧

  9. 厄介の語源・由来

  10. ターキーの語源・由来

  1. 「口紅」「グロス」「ルージュ」「リップ」の違い

  2. おまるの語源・由来

  3. 戦うの意味・類語・言い換え

  4. おかずの意味・類語・言い換え

  5. 「倉」「蔵」「庫」の違い

  6. ホルモン(Hormon)の語源・由来

  7. 種実類(ナッツ)の栄養基礎知識

  8. 冬瓜の語源・由来

  9. 手前味噌の意味・類語・言い換え

  10. ニシキヘビの語源・由来

人気記事

  1. アイデンティティの語源・由来

  2. 「茹でる」「湯がく」「湯通し」の違い

  3. ヒステリーの語源・由来

  4. 「長い」と「永い」の違い

  5. ムレスズメの語源・由来

  6. あばらやの語源・由来

  7. 杉並区の語源・由来

TOP