儲けると稼ぐの違い


儲けると稼ぐは、利益や収入を得るという意味では共通するが、儲けるよりも稼ぐ方が地道に働くことを表す。

儲けるは、地道に働いて収入を得るというよりも、予想外の利益を得たり、うまく利益を得たりする意味で使う。
稼ぐは、精を出して働くことや、その働きによってお金を得ること、努力して手に入れることの意味で使われる。
「楽して稼ぐ」などと使うこともあるが、本来は「楽して儲ける」が正しい。
ただし、株やギャンブルで利益を得ることでも、継続的に利益を得ている場合には、地道に利益を得ることになるため、「稼ぐ」でも間違いにはならない。

なお、「儲ける」の漢字は「信」と「者」から成り立ち、顧客を信者にしてお金を得ることが儲けることと言われたりするが、「儲」は「人」と「諸」から成る漢字で、儲けることと信者に関連性はない。

今見られている記事 ランダム
  1. シンガーソングライターの意味・類語・言い換え

  2. ズワイガニと松葉ガニと越前ガニの違い

  3. 謝罪と陳謝と深謝の違い

  4. ハイカラの語源・由来

  5. 日めくりカレンダーの意味・別名・類語

  6. おならの語源・由来

  7. 無料の意味・類語・言い換え

  8. ニートの意味・別名・類語

  9. 補筆の意味・類語・言い換え

  10. 体と身体の違い・使い分け

  1. 葛藤の語源・由来

  2. 目標の意味・類語・言い換え

  3. 春彼岸と秋彼岸の違い

  4. ねぶたの語源・由来

  5. 就職活動の意味・類語・言い換え

  6. 内縁の意味・類語・言い換え

  7. マグニチュードの意味・類語・言い換え

  8. マネキンの意味・別名・類語

  9. いちごの意味・別名・類語

  10. 闘志の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 大トロと中トロと赤身の違い

  2. 「せわしい」と「せわしない」が同じ意味になる理由

  3. 最近と近頃とこの頃と昨今の違い・使い分け

  4. 小額と少額の違い・使い分け

  5. 分かれると別れるの違い・使い分け

  6. 2月29日に生まれた人はいつ歳を取るか

  7. 船と舟の違い

TOP