濡れ手で粟の語源・由来

濡れた手で穀物の粟(あわ)を掴むと、粟粒がいっぱいくっついて沢山掴める。
そのことから、苦労せずに多くの利益を得ることを「濡れ手で粟」というようになった。
「濡れ手に粟」という表現も、一部の辞書では認められている。
しかし、粟は自ら濡れた手で掴むものである。
「濡れ手で粟」を「濡れ手に粟」にすると、偶然、濡れている手に粟が沢山ついたという、「棚から牡丹餅」のような意味となってしまうため、本来は誤りである。
なお、「濡れ手で泡(濡れ手に泡)」と書き、いくら努力をしても実らないことのたとえとするのは、完全な誤用である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 読む(詠む)の語源・由来

  2. 印を押すの意味・類語・言い換え

  3. ウグイスの語源・由来

  4. 大根の種類・変種

  5. スパゲッティの種類

  6. 窺う(伺う)の語源・由来

  7. クッキーとビスケットとサブレの違い

  8. 食指が動くの語源・由来

  9. 驚くの意味・類語・言い換え

  10. 作製の意味・類語・言い換え

  1. ホルモンの語源・由来

  2. 泥酔の語源・由来

  3. ロブスターの意味・別名・類語

  4. 真夏に雪が降ったら初雪になるか

  5. 月並みの意味・類語・言い換え

  6. 怖いの語源・由来

  7. スケッチの意味・類語・言い換え

  8. 未成年の意味

  9. 種実類(ナッツ)の栄養基礎知識

  10. 後の祭りの語源・由来

人気記事

  1. 印鑑とはんこと印章の違い・使い分け

  2. ボージョレヌーボーの解禁日が11月の第3木曜日になった理由

  3. 予言と預言の違い

  4. 回りと周りと廻りの違い・使い分け

  5. 産科と婦人科と産婦人科の違い

  6. 干支と十二支の違い

  7. 安全第一の続きと由来

TOP