濡れ手で粟の語源・由来

濡れた手で穀物の粟(あわ)を掴むと、粟粒がいっぱいくっついて沢山掴める。
そのことから、苦労せずに多くの利益を得ることを「濡れ手で粟」というようになった。
「濡れ手に粟」という表現も、一部の辞書では認められている。
しかし、粟は自ら濡れた手で掴むものである。
「濡れ手で粟」を「濡れ手に粟」にすると、偶然、濡れている手に粟が沢山ついたという、「棚から牡丹餅」のような意味となってしまうため、本来は誤りである。
なお、「濡れ手で泡(濡れ手に泡)」と書き、いくら努力をしても実らないことのたとえとするのは、完全な誤用である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 気が置けないの語源・由来

  2. 手ぐすねを引くの語源・由来

  3. 東京都北区の語源・由来

  4. かたいの語源・由来

  5. 関の山の意味・類語・言い換え

  6. 鬼籍簿の意味・類語・言い換え

  7. 春一番の語源・由来

  8. 傘寿の語源・由来

  9. 大津市の意味・シンボル

  10. さもしいの語源・由来

  1. 中盤の語源・由来

  2. 年の名の意味・類語・言い換え

  3. 醜聞の意味・類語・言い換え

  4. 「ねだる」「せがむ」「せびる」の違い

  5. ヤリイカの意味・別名・類語

  6. かぶの栄養基礎知識

  7. オダマキの意味・別名・類語

  8. 嘘も方便の意味・類語・言い換え

  9. 時化の意味・類語・言い換え

  10. スパムの語源・由来

人気記事

  1. ロケットの語源・由来

  2. 痛み入りますの語源・由来

  3. 知事の語源・由来

  4. 雲泥の差の語源・由来

  5. ナナカマドの語源・由来

  6. 「怒る」と「叱る」の違い

  7. アオダイショウの語源・由来

TOP