みどりごの語源・由来

現在では「嬰児」が一般的な表記となっているが、本来は「緑児」と書き、古くは「みどりこ」と末尾が清音であった。
赤ん坊を「みどりご(みどりこ)」と呼ぶのは、大宝令で三歳以下の男児・女児を「緑」と称するといった規定があったことに由来する。
大宝令で「緑」と称するようになったのは、生まれたばかりの子供は、新芽や若葉のように生命力溢れていることからたとえられたものである。
漢字「嬰児」の「嬰」の成り立ちには、「貝」が首飾りを表し、首飾りをつけた女の子とする説と、「えんえん」と泣く赤ん坊の泣き声を表す擬声語といった説がある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. お造りの意味・類語・言い換え

  2. 超ド級の語源・由来

  3. 世間の語源・由来

  4. がむしゃらの語源・由来

  5. 大関の語源・由来

  6. 玄人の語源・由来

  7. 水取り雨の語源・由来

  8. 避難準備情報と避難勧告と避難指示と避難命令の違い

  9. 成長の意味・類語・言い換え

  10. 豚の語源・由来

  1. 適量と適宜の違い

  2. オリンピックの語源・由来

  3. トランプの意味・別名・類語

  4. カンガルーの語源・由来

  5. 関西と近畿と京阪神の違い

  6. べっぴんの語源・由来

  7. とどのつまりの語源・由来

  8. やぶさかではないの意味・類語・言い換え

  9. 札付きの語源・由来

  10. カニの語源・由来

人気記事

  1. 懲役と禁錮(禁固)と拘留の違い

  2. おざなりとなおざりの違い・使い分け

  3. カヌーとカヤックの違い

  4. 生誕と誕生の違い・使い分け

  5. 下着と肌着とランジェリーの違い

  6. ニシンの卵を「数の子」と呼ぶ理由

  7. 意図的と恣意的の違い

TOP