アヒルの語源・由来

アヒルは、中国で作られた品種が渡来したとされ、室町時代頃から飼育されていた。
アヒルの語源には、水掻きのついた足が広く大きいことから、「足広(アシヒロ)」を略した「アヒロ」が転じたとする説がある。
「アヒル」の語が現れるのは中世末期頃で、ほぼ同じ時期に「アヒロ」の語も見られるため有力とされる。
その他、アヒルの語源には、穀物などを箕で振るって、風でくずを取り去ることを「簸る(ひる)」と言いうことから、パタパタと腰を振って歩く姿態をたとえたとする説もある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. だんごの語源・由来

  2. イチイの語源・由来

  3. アユの意味・別名・類語

  4. 熊本県の意味・シンボル

  5. 瓜二つの意味・類語・言い換え

  6. クレヨンの語源・由来

  7. 下呂市の意味・シンボル

  8. 横車を押すの意味・類語・言い換え

  9. バラの意味・別名・類語

  10. 横恋慕の意味・類語・言い換え

  1. 牛ひき肉の栄養基礎知識

  2. カラットの語源・由来

  3. 疣の意味

  4. サウナの意味・別名・類語

  5. 久御山町の語源・由来

  6. と金の意味・類語・言い換え

  7. 弁慶の泣き所の意味・類語・言い換え

  8. ぐるの意味・類語・言い換え

  9. 二束三文の語源・由来

  10. 鏡割りの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. おべっかの語源・由来

  2. 上田市の語源・由来

  3. 獅子の語源・由来

  4. 十二指腸の語源・由来

  5. ガスの語源・由来

  6. 演説の語源・由来

  7. 袂の語源・由来

TOP