オリーブの語源・由来

オリーブは、英語「olive」からの外来語。
フランス語は「olive(オリーヴ)」、ドイツ語は「Olive(オリーヴェ)」で、全て同源である。
オリーブの語源となる語は、ギリシャ語「elaifa」やラテン語「oliva」であるが、それ以前は不明で、別の言語から拝借したものと思われる。

オリーブの果実の未熟なものはピクルスにし、熟した実から油をとる。
オリーブの枝葉は平和の象徴とされ、国連旗のデザインにも使用されている。
また、古代オリンピックでは、勝者にクレタ島のオリーブの冠が与えられていた。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ご来光と初日の出の違い

  2. BSとCSの違い

  3. ウエハースの語源・由来

  4. タラの語源・由来

  5. 水引の語源・由来

  6. おてんばの語源・由来

  7. いちごの語源・由来

  8. ファスナーとジッパーとチャックの違い

  9. 尊いの意味・類語・言い換え

  10. エンゲル係数の語源・由来

  1. 音の語源・由来

  2. 幸運の意味・類語・言い換え

  3. プリンの語源・由来

  4. 煎茶と玉露と抹茶と番茶とほうじ茶と玄米茶の違い

  5. 朝っぱらの語源・由来

  6. 銀行の語源・由来

  7. ロバの語源・由来

  8. こんにちはの意味・類語・言い換え

  9. 箍が緩むの語源・由来

  10. 糞(ふん)の語源・由来

人気記事

  1. 徳利とお銚子の違い

  2. 震度とマグニチュードの違い

  3. 午前12時と午後0時の違い

  4. 初雪と新雪の違い

  5. ペリーの黒船はなぜ黒かったのか

  6. 古本と古書の違い

  7. 国立公園と国定公園と国営公園と国民公園の違い

TOP