品川区の語源・由来

品川の地名は、平安末期に「品川郷」で見えるのが古い。
品川の由来には、元々、目黒川の河口付近を指す呼称で、交易が盛んな港町として栄えたことから、「品物が集まる川」の意味で「品川」になった説。
目黒川の河口は大きくカーブしていることから、「しなり川」や「しなる川」と呼ばれており、転じて「品川」になった説。
台地から海辺に流れる傾斜した川で、「シナカハ(階川)」や、「シナ(段丘)カハ(川もしくは側)」に由来する説。
「スナカハ(砂川)」が転じたなど諸説ある。

出典:語源由来辞典

TOP