テッセンの語源・由来

テッセンは、蔓が針金(鉄線)のように強いことから付いた名。
テッセンが中国から日本に渡来したのは、寛文年間(1661~1673年)と言われているが、1474年頃の『文明本節用集』に「鉄線花 テッセンクヮ」とあることから、既に室町時代には渡来していたと考えられる。
テッセンはクレマチスの仲間で、「テッセン」を「クレマチス」と呼んだり、反対に「クレマチス」を「テッセン」と呼ぶこともあるが、本来は中国原産種のみを指して「テッセン」という。

出典:語源由来辞典

TOP