天王山の語源・由来

天王山は、京都府南部、乙訓郡大山崎町にある海抜270メートルの山の名前。
天正10年(1582年)の山崎の戦いの際、古くから水陸交通の要地となっていた天王山を先に占領した羽柴秀吉(豊臣秀吉)が明智光秀を破った。
その故事から、勝負を決める分岐点を「天王山」、そのような勝負を「天王山の戦い」と言うようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「首相」「内閣総理大臣」「総裁」の違い

  2. 桃の語源・由来

  3. おでんの語源・由来

  4. ラクトアイスの意味・類語・言い換え

  5. 水臭いの語源・由来

  6. 大切の意味・類語・言い換え

  7. 金の語源・由来

  8. 明太子の語源・由来

  9. おこがましいの語源・由来

  10. コーチの意味・類語・言い換え

  1. もぬけの殻の意味・類語・言い換え

  2. 慌てふためくの意味・類語・言い換え

  3. タンザナイトの語源・由来

  4. 齟齬の意味・類語・言い換え

  5. ミミズクの意味・別名・類語

  6. なおざりの語源・由来

  7. 午の意味・類語・言い換え

  8. 和歌山県の意味・シンボル

  9. 馬耳東風の意味・類語・言い換え

  10. 猪豚肉の栄養基礎知識

人気記事

  1. 春の語源・由来

  2. 「クレヨン」と「クレパス」の違い

  3. ハマグリの語源・由来

  4. 独り相撲の語源・由来

  5. オリーブの語源・由来

  6. ダウ平均の語源・由来

  7. ババロアの語源・由来

TOP