ヌスビトハギの語源・由来

ヌスビトハギは、豆果が二節からなり、その形が足音をたてないよう忍び歩いた泥棒の足跡に似ているところから、「ヌスビト(盗人)」の名がついたとする説が定説となっている。
しかし、ヌスビトハギは「泥棒草」と呼ばれ、イノコズチやキンミズヒキなど、ヌスビトハギのように実が衣服や動物の毛につくものは皆、「泥棒草」と呼ばれている。
そこから考えると、泥棒の足跡に見立てて「ヌスビト(盗人)」になったのではなく、実がくっつかないようそっと歩く姿が泥棒の忍び足に似ていることから、「ヌスビト(盗人)」の名がついたと考える方が良いであろう。
ヌスビトハギの「ハギ(萩)」は、花がハギに似ているところに由来する名である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ヤグルマソウの語源・由来

  2. 合鴨の語源・由来

  3. サファイアの語源・由来

  4. でまかせの語源・由来

  5. おあいその意味・類語・言い換え

  6. 命の語源・由来

  7. 腹心の語源・由来

  8. 濡れ手で粟の意味・類語・言い換え

  9. 虎視眈々の語源・由来

  10. スイカの語源・由来

  1. しこたまの語源・由来

  2. 転活の意味・類語・言い換え

  3. あせもの意味・別名・類語

  4. カジカの語源・由来

  5. 「心療内科」と「精神科」の違い

  6. かぼちゃの意味・別名・類語

  7. 「茶」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  8. ハレンチの語源・由来

  9. 「ポッキー」と「プリッツ」の違い

  10. 揖斐川町の語源・由来

人気記事

  1. 「投資」と「投機」の違い

  2. うるかの栄養基礎知識

  3. 取手市の語源・由来

  4. 「マナー」と「エチケット」の違い

  5. 「朝令暮改」と「朝三暮四」の違い

  6. 売るの語源・由来

  7. 「徳利」と「お銚子」の違い

TOP