ミルフィーユの語源・由来

ミルフィーユは、フランス語「mille-feuille」からの外来語。
「ミル(mille)」は「ミルクレープ」の「ミル」と同じく「1,000」、「フィーユ(feuille)」は「葉」を意味する。
パイが葉(落ち葉)に似ており、重ね合わせたパイの多さを「1,000」という数で表し、「千枚の葉」の意味から「ミルフィーユ」と名付けられた。
フランス語「feuille」の発音は「フイユ」が近く、「フィーユ」は「fille(女の子、娘)」の発音に近いため、日本の発音「ミルフィーユ」では「千人の娘」という意味になってしまう。

出典:ミルフィーユ – 語源由来辞典

TOP