思う壺の語源・由来

思う壺の「壺」は、博打でサイコロを入れて振る籐や竹で編んだ「壺皿」のこと。
熟練の壺振り師は、思ったとおりの目を出せることから、意図したとおりになることを「思う壺」と言うようになった。
「思う壺にはまる」という表現は、狙った通りになる意味の「壺にはまる」に合わせたものであるが、壺にはまるの「壺」は博打で用いる壺皿のことではない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ポワソンダブリルの意味・類語・言い換え

  2. 「武士」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  3. 温州みかんの意味・別名・類語

  4. 電子レンジの仕組み・原理

  5. 悉くの語源・由来

  6. 我慢の語源・由来

  7. 網走市の語源・由来

  8. 「ストレートパーマ」と「縮毛矯正」の違い

  9. 赤ちゃんの語源・由来

  10. やけどの語源・由来

  1. 楽しいの語源・由来

  2. 内幕の意味・類語・言い換え

  3. イノシシの意味・別名・類語

  4. 頭取の語源・由来

  5. 女の語源・由来

  6. 天衣無縫の語源・由来

  7. 類義語辞典の意味・類語・言い換え

  8. ワカサギの語源・由来

  9. たんこぶの語源・由来

  10. ごま油の栄養基礎知識

人気記事

  1. 「抗菌」「除菌」「殺菌」「滅菌」「消毒」の違い

  2. ツボクサの語源・由来

  3. 「HTTP」と「HTTPS」の違い

  4. 図体の語源・由来

  5. さくらんぼの栄養基礎知識

  6. 太刀打ちの語源・由来

  7. 泊村の語源・由来

TOP