仏の語源・由来

仏の語源は、下記以外にも諸説あるが、1の説が有力とされる。
1.目覚めた者を意味するサンスクリット語「buddha」が、「浮屠(ふと)」と音写され「ほと」に転じた。
「ほと」に、その道の人を意味する「家(け)」、もしくは「もののけ」などの霊妙なものを示す接尾語「気(け)」が付き、「ほとけ」になったとする説。
2.仏教伝来時(欽明天皇の時代)に、熱病である「ほとほりけ」という疫病が流行していたため、仏教を謗って(そしって)命名したとする説。
3.仏教は、煩悩(ぼんのう)を解脱(げだつ)するため、「解け(ほどけ)」の教えを崇めたことから、転じて「ほとけ」になったとする説。

ほとけが「仏陀(ぶっだ)」の意味として使われたのは、天平勝宝5年(753)年、薬師寺にある仏足石歌碑(ぶっそくせきかひ)に刻まれた「保止気(ほとけ)」が最初とみられる。
「死者」の意味で「ほとけ」が用いられたのは、天暦5年(951年)の『後撰和歌集』に例がみられる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 厚かましいの語源・由来

  2. へそくりの語源・由来

  3. 人手が足りないの意味・類語・言い換え

  4. サンタクロースの語源・由来

  5. アルファベットの語源・由来

  6. ハトの語源・由来

  7. 葉の意味・類語・言い換え

  8. いちころの語源・由来

  9. 嫁の意味・類語・言い換え

  10. 倹約の意味・類語・言い換え

  1. 匙を投げるの語源・由来

  2. あべこべの語源・由来

  3. 板前の語源・由来

  4. 馬耳東風の語源・由来

  5. 金満の意味・類語・言い換え

  6. おいらの意味・類語・言い換え

  7. 糞(ふん)の意味・類語・言い換え

  8. 立春の意味・類語・言い換え

  9. 首ったけの語源・由来

  10. 国法の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 夫と主人と旦那と亭主の違い

  2. 煩わしいと面倒と厄介の違い

  3. 体制と態勢と体勢と大勢の違い・使い分け

  4. 児童と生徒と学生の違い

  5. 臭いと匂いと香りの違い・使い分け

  6. 赤身魚と白身魚と青魚の違い

  7. 三階の読み方は「さんがい」と「さんかい」のどっちが正しいか

TOP