身から出た錆の語源・由来

身から出た錆の「身」は、刀の鞘に納まっている部分を指す「刀身」のこと。
刀の手入れを怠ると刀身から錆が出て、いざという時に使い物にならず、自分の命(身)を落とすことになる。
そこから、刀の「身」と自分自身の「身」を掛け、自分の犯した罪のために自分自身が苦しむことを「身から出た錆」と言うようになった。
また、刀身から出た錆は表面だけではなく、刀自体を腐らせてしまうので、その意味でも、取り返しがつかないことをしたという悔やみが込められた言葉である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 五月雨の意味・類語・言い換え

  2. 母乳の意味・類語・言い換え

  3. ウインナーの語源・由来

  4. 正朔の意味・類語・言い換え

  5. マグニチュードの語源・由来

  6. 内縁の意味・類語・言い換え

  7. ブリの栄養基礎知識

  8. 不倫と浮気の違い

  9. 面白いの意味・類語・言い換え

  10. パスタの意味・類語・言い換え

  1. 嫁の意味・類語・言い換え

  2. 雑煮の語源・由来

  3. 高いの語源・由来

  4. 7月の意味・類語・言い換え

  5. 循守の意味・類語・言い換え

  6. 了解と了承と承知と承諾の違い・使い分け

  7. 横恋慕の意味・類語・言い換え

  8. お茶目の意味・類語・言い換え

  9. かけうどんと素うどんの違い

  10. ごまの栄養基礎知識

人気記事

  1. ペンギンが空を飛べない理由

  2. 緑茶と紅茶と烏龍茶の違い

  3. マジックで白い鳩が使われる理由と鳩の種類

  4. ファスナーとジッパーとチャックの違い

  5. 爆弾とダイナマイトの違い

  6. セミナーとゼミナールの違い

  7. 校正と校閲の違い

TOP