かったるいの語源・由来

かったるいは、平安時代に「カヒナダユシ」と用いられた語。
「カヒナ」は「かいな(腕)」、「ダユシ」は「だるい」の意味である。
「カヒナダユシ」が略された「カヒダルシ」が、音便化して「カヒダルイ」となり、促音化して「かったるい」となった。
つまり、かったるいは「腕(二の腕)が疲れてだるい」の意味からきた言葉である。
やがて、かったるいは腕だけでなく、「体が疲れてだるい」「気分が晴れない」といった意味。さらに、気が重く感じることから、「もどかしい」「物足りない」という意味でも用いられるようになった。
現代では、「気分が乗らない」という意味から、「面倒くさい」「鬱陶しい」といった意味でも、かったるいは用いられる。
かったるいから派生した語には、「十分でない」「手ぬるい」を意味する近世江戸語の「おかったるい」がある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 小さいの語源・由来

  2. 「傷」と「怪我」の違い

  3. しどろもどろの語源・由来

  4. おつむの語源・由来

  5. ホラ吹きの語源・由来

  6. くノ一の語源・由来

  7. ホトケノザの語源・由来

  8. 贔屓の意味・類語・言い換え

  9. 「小額」と「少額」の違い

  10. 蒲焼きの意味・類語・言い換え

  1. 伊達の語源・由来

  2. 「薬」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  3. 「回復」と「快復」の違い

  4. 猖獗の意味・類語・言い換え

  5. ひっきりなしの語源・由来

  6. アタッシュケースの語源・由来

  7. 鹿児島県の市町村名一覧

  8. 東雲の意味・類語・言い換え

  9. 桜肉の意味・別名・類語

  10. 福井県の語源・由来

人気記事

  1. 玉露の栄養基礎知識

  2. アカペラの語源・由来

  3. 「寂しい」と「淋しい」の違い

  4. やるせないの語源・由来

  5. 和三盆の栄養基礎知識

  6. 「同級生」「同期生」「同窓生」の違い

  7. お仕着せの語源・由来

TOP