後釜の語源・由来

後釜は、かまどの残り火が消えないうちに、次の釜をかけることをいった語。
そこから、前任者が退いた後、すぐ代わる人のことを言うようになった。
特に、退く前から次を考えている意味が強く、悪いイメージで用いられることが多い。
「後釜に座る」という表現は、「地位」を表す言葉に「イス」や「座」があるためで、当たり前の話だが、火の点いたかまどの釜に座ったら火傷をする。
「あとがまえ(後構え)」の略で「後釜」は当て字とする説もあるが、上記の意味で使われていたことが確かなため、この説は考え難い。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 納豆の種類

  2. 普請の意味・類語・言い換え

  3. トウモロコシのひげの正体と粒の関係

  4. 圧力鍋の意味・類語・言い換え

  5. 丁字路(T字路)の語源・由来

  6. 一攫万金の意味・類語・言い換え

  7. 大根の語源・由来

  8. こけしの語源・由来

  9. ぶきっちょの意味・類語・言い換え

  10. 「主催」「協賛」「協力」「後援」の違い

  1. 烏龍茶の栄養基礎知識

  2. 玄米茶の栄養基礎知識

  3. いたいけの語源・由来

  4. 「海胆」「海栗」「雲丹」の違い

  5. 佐賀県の市町名一覧

  6. スルメイカの意味・別名・類語

  7. なぜクリスマスは「X’mas」ではなく「Xmas」と書くのか

  8. 虎の威を借る狐の語源・由来

  9. Februaryの意味・異名・類語

  10. 猖獗の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 「大雨」と「豪雨」の違い

  2. 絶体絶命の語源・由来

  3. 驚くの語源・由来

  4. わかるの語源・由来

  5. 熊本市の語源・由来

  6. アネモネの語源・由来

  7. 「試合」と「仕合」の違い

TOP